終身保険

期間を定める事なく、一生涯を通じて保障される保険です。

終身保険の保険料はあくまでも「先払い」ですので、その分は生命保険会社の「責任準備金」というところにプールされて、そのお金は所定の「予定利率」という運用成績で資産運用されます。そのため、終身保険には「解約返戻金」というお金が解約する場合に返金され、長期間終身保険に加入していた場合は解約返戻金の金額が総払込み保険料よりも高額となる場合があります。

例えば老後にもう死亡保障は必要ないという時期に終身保険を解約することで、多額の解約返戻金をもらえるという貯蓄性と、解約しなければ死亡保障は一生涯続くという保障性の二つを満たした生命保険です。

終身保険を選ぶ時のポイント

配当があるなしで保険料が変わるので、契約書をよく見て、どのタイプなのか確認してみましょう。

有配当保険
剰余金(余ったお金)が発生するように保険料が設定されていて、配当も受け取ることになるので保険料は高くなります。

准有配当(5年ごと利差配当保険)
予定利率だけに配当が行われるものです。予定死亡率・予定事業比率については無配当としているので、有配当保険と比べると保険料は安くなります。

無配当
配当がないので、保険料が安くなります。

終身保険を選ぶ時のポイント2

一時払込み終身保険
保険料を一度に払い込むために、割安となりますが、代わりに加入時の払込額(初回の払い込み額)が高額です。

有期払込終身保険
保険料の払込期間を年齢などで設定する保険です。払い込み期間が長いほど、毎月の保険料負担は軽くなります。

終身払込終身保険
あまり利用されていません。

保険ライフ