がん保険

がん保険はがんに限定した保障になっていますが、がんと診断された場合の一時金や、入院・手術・退院後の通院・など幅広く保障されています。 通常の医療保険と違い、入院日数の制限も無くがんの治療に専念できるようになっていますが、基本的に死亡時の保障はありません。 ただし、死亡保障のあるもの、再発時にも保障が続くものなど新しいプランもどんどん出てきていますので、よく確認しましょう。

がん診断給付金

がんになった場合に支給されるのが「がん診断給付金」です。この診断給付金を受取るためにがん保険に加入すると考えてもよいぐらい、とても大事な給付金です。「がん診断給付金」はがん保険によって、1回だけ支給されるものと、回数に制限のないものがあります。

入院給付金

治療を目的に入院した場合に支給される「入院給付金」は、各社のがん保険ごとで大きな差はありません。日数は無制限で、入退院を繰り返しても、入院日数分、契約した入院日額が支払われます。

手術給付金

がんの治療を目的とした所定の手術を受けた場合に支給されるのが「手術給付金」です。入院給付日額を基準に、手術によって決められた倍率(10倍・20倍・40倍など)を掛けた金額が支給されます。 基本的に「手術給付金」も支給回数に制限がありません。ただし、対象となる手術は「所定の手術のみとなる」という点に注意してください。

死亡給付金

保険期間中にがんで死亡された場合に支給されるのが「死亡給付金」です。 死亡給付金が備わっているがん保険はあまり多くありません。これは、がん保険が、がん治療を手厚くフォローすることが本来の目的のため、死亡保障自体はほかの生命保険でカバーされている方がほとんどだからという面があります。

通院給付金

通院給付金は入院して退院した後、通院が必要な場合支払われる給付金です。どんな入院の退院でも支払われるのではなく、「入院給付金」が支払われる条件の入院での退院 後での通院のみ、支払われる契約になっているケースがほとんどです。通院する支払い限度の日数が決められていますので比較の材料になります。

保険ライフ